等身大ブログ

http://zakkuri03.hatenablog.com/

等身大ブログ

サービス業に従事し、貯金をはたいて買った車を乗り回す27歳のブログ。思ったこと、考えたこと、感じたことをつらつらと。

ブログをもっとよくするためのサイトを5つ紹介

おはようございます。ザックリです。

 

https://tse4.mm.bing.net/th?id=OIP.NBq3SiAq7C5ukXHwwbIOAAEFDu&w=194&h=174&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

今日で記事を書くのが何日目でしょう。

連続で朝から書いており、訪問者数も右肩上がりです。

 

今日は自分がブログを継続していくうえで、参考になったリンクをどんどん貼っていきます。

 

同じようにブログであったりアフィリエイトだったり、文章の上達目的だったり。

 

あなたの参考になればうれしいです。

 

 

1 書き方系

はい、一つ目。MUTANTさんのブログですね。

www.mutant-tetsu.com

 

ブログ 書き方」などで検索していたら出てきました。

 

始めたばかりってどう書いていったらいいかわかりませんよね。モチベーションしかり、文章校正しかり。

 

でもこの方の記事はわかりやすいです。

ブログの書き方であったり、収益化だったり、わかりやすく手法を書いているサイトなので、これからもお世話になると思っています。

www.mutant-tetsu.com

(こちらもお勧めです。)

 

 

2 ブログの特色、ブランディングについて

ブログって、日々新しい人が参入してくるし、たくさんあってもはやすでにブログというのはレッドオーシャンなわけです。

 

沢山の人がひしめき合って少ない魚を取り合ってる的な。これをレッドオーシャンというんですけど。

 

そんな大量に同業者がいるなかで、「自分というブランディングってどうしたらいいんだー」となったときに参考になったサイト

www.hikikomorism.com

この方ヒキコモリズム井上さんと言って、プロブロガー。

 

以前ベンチャーにいたのをやめ、引きこもりがちながらブログを更新して行ってる人です。

 

ブログ界隈で、どう個性をだせばいいのかという記事だし、それ以外にも役立つ記事が満載のサイトです。

 

これは見てて損はないです。

長年の経験って強いです。意図してそうなってないというのも大事ですね。

 

3 なぜブログなどを始めた方がいいか

僕は最近本腰をいれてブログを書いたりしてますけど、なぜそうした方がいいかなどを考えるきっかけになった記事集ですね。

webya.opdsgn.com

 

この方はセナさんといって、カナダのバンクーバーにて理想の働き方をしているWEB屋さんです。

 

同じくネット界隈で有名なヨッピーさんも言っていたふわふわ層

www.buzzfeed.com

これは今後危ないよーという記事ですね。

 

会社や社会、国が何とかしてくれる時代は終わって、自分から動かなくてもなんでも手助けしてくれる時代は終わりかけてるよーという記事ですね。

 

バンクーバーのセナさんしかり、ヨッピーさんしかり、ブログでもツイッターでも学んだことをアウトプットし、広報し

個人力を高めなさい

といってることに尽きるんですね。

 

なんでブログとかした方がいいのとか、なんで続けてるのと思った人は、これが参考になると思います。

(これも面白いです。ふわふわ層の頭を切り替えられる必要にかられた第一歩目の記事でした。)

www.ryugaku.com

 

 

まとめ

なぜブログをするかとか、どう書いたらいいかなど、自分が参考になったサイトを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

自分はまだアフィリエイトをしているわけでもないし、数万PVを得ている人気ブロガーではありませんが、こういったサイトを参考にして、同じような人が増えていったらいいのではないかと思います。

 

今後も機会があったら色々紹介もしていきたいなと思います。

それではまた。

説得力のある話し方について

おはようございます、ザックリです。

 

今日は説得力の話題。

https://2.bp.blogspot.com/-oDjJqmvky7s/WASJO4w5rFI/AAAAAAAA_BE/_Wh1zMhD5YMITRJkOge0t9vZiB2Jk7vDACLcB/s180-c/necktie_man.png

 

人によって説得力が違いませんか?

「あ、この人めっちゃ仕事の段取り決めてるな」とか、「頭がよさそうだから、この人についていこう」と思えたり。

 

発する言葉にちょこっと付け加えるだけで、説得力が大幅に増える簡単なことがあるので書いてみます。

 

 

 

 

 

1 数字を加える

一番簡単なのはこれです。話す発言に数字を織り交ぜてみてください。

 

「今日お客さんが多いから、○○を多めに作っといて~^^」

というのと、

「今日お客さんは全部で120名ぐらい来る予定やから、とりあえず多めに150ぐらい準備してもらっていい?」

とでは、どちらを発言しますか?

 

曖昧なものから具体的に。ふわっとしたものから、現実味を帯びたもの変わってきていませんか?

 

数字を織り交ぜるというのは話でも書き物でも、すべてにおいて有効、そして説得力が違います。

意識してみると、納得したり関心してしまう話にそんな傾向はありませんか?

 

数字って結構大事です。

 

 

2 ゆっくり、端的に話す。

これも大事です。

早口で、なおかつ無駄な言葉が多すぎると、その分相手を話に突き合わせる時間も増えるし、重要なポイントがいらない言葉によってかき消されてしまうからです。

 

例えば、「あーこれ終わったの!オッケー!次はーあれしようかな、いややめとこうか!早く仕事が終わるのはとても大事なことだからねうん。それじゃー○○しようか。これはらくちんだぞー、とても簡単なことだから云々・・・」等。

 

あなたの周りにもいませんか?説明でテンパって口がものすごい回る人。

たぶんこの文章を見ただけでも、「長いな」「わかりずらい」とおもったのではないでしょうか。

 

一番重要なのは「○○しようか」の「○○」。伝えたい内容です。

 

無駄な言葉であったり、余計な引き延ばしをすると、部下は次の行動移るまで話を聞いておかなければなりません(もうわかったからいいですとはなかなか言えません)

 

言葉も端的明瞭の方がよくないでしょうか?

 

「終わったのか、ありがとう。それじゃあ○○お願いしていい?」の方が返事もしやすくないでしょうか?

できるだけ端的に、そして短く意識してみるのがコツです。

 

 

3 返事はフォーマルなものに

僕は会社員なのですが、何かを問われた際の返事も重要と思っています。

たかが返事、されど返事です。

 

部下から「○○が来ていますので、今から下見の方をお通ししてもよろしいですか」

と聞かれたときに、どう答えてますか?

 

A「はい、大丈夫です!よろしくお願いします」

と返事をするのと、

B「いつでもおっけー(笑)」

と返事をするのでは、どちらが聞いていてしっかりしているな、頼りがいがあるななどの印象を与えるでしょうか。

 

ラフにすることは悪いことではありません。大事なのは時とタイミングです。

どちらを選ぶかはあなた次第ですが、はたから聞いていてどちらに信を置くでしょうか?

僕はAの上司です。

 

 

まとめ

色々書きたいこともありますが、簡単で分かりやすい3つを挙げてみました。

簡単な言葉の中に、数字を入れてみるだけでも結構違います。

 

何かこれを読んで役立てていただけたら幸いです。

今日も頑張ってください。ザックリ

 

 

86を乗ってみた感想

おはようございます、ザックリです。

 

今日は車の話題から。

 

今年ね、ザックリさんは新車を買いました。

ブログの自己紹介にも書いてある通り、貯金をはたいて買ったやつです。

ザックリさんはローンは嫌いでね、無駄な金利を払いたくないし、ローンを返している途中で事故にあって、野原ひろしみたいに

 

「あー!まだローンが残ってるのに!!」

 

みたいになるのが嫌で、基本現金一括派です。

はい、そこで8年間貯金して、今年買った車はなんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

86です。(タイトルでネタバレ←)

http://fsv-image.autoc-one.jp/images/2793558/015_o.jpg

これね、かっこいいんですよ。

クーペという2ドアスタイルに、2016年にものすごい改良された後期モデル買いました。

 

8年間頑張って貯金溜めて、「一生に一度ぐらいは新車に乗りたい」と思っていたところに選ばれた彼です。

 

4月20日に納車され、もう5か月になりますが、運転が楽しくて仕方ないです。

今日はそんな86さんの魅力について書いていきます。

 

 

 

1 見た目がかっこいい

もうね、これです。見た目がかっこいい。

 

見た目って結構重要じゃないですか?

イケメンや美女に目が行くように、車の見た目ってのも結構大事だと思うんですよ。

 

車を見るたびに「お前かっこいいなー」となるし、「それに乗っている俺ウィーネー!」となります。気分は藤森慎吾です。(オリラジ)

 

最近のトヨタ車は基本攻めたデザインが多くなってきましたが、86さん結構先鋒を務めていたのかな?

まとめると、見た目かっこいいとにんまりできます。

(最近はホンダのシビックも、嫌いじゃないです。ガンダムフェイス)

 

 

2 FRであること。

あれなんですよ、最近の日本車には珍しく86さんはFRなんです。

FRというのは駆動方式で、

「前にエンジンが積んであって(F)、後ろのタイヤが回るよー(R)」

というものですね。

 

最近の車はすべからくFFという駆動方式で、この違いも運転の楽しさを生み出しますね。

 

前輪は「俺は方向を決めるぜ、右か左か教えてくんな?」

ってやつですし、

後輪は「どっちに行こうが後ろからどんどん前に押し出してやる」

というふうに、完全に分業できてるんですね、役割分担がはっきりしてるというか。

 

ということで、運転感覚が楽しいんですよね。アクセルを踏むと後ろから押されるわけですから。緩めればタックインと言って曲がるし、アクセルを踏み続ければドリフトなどに移行できたり。そのぎりぎりのグリップ感を楽しんだり。

 

「自分で運転している、操作している」という感覚がすごいです。

 

手綱をもって馬に引っ張ってもらうか(FF)、ハンドルをもって何かに後ろを押してもらうか(FR)の違いみたいな?

 

自分で運転しているという感覚で、運転していて楽しいです。

 

3 カスタマイズの余地がありまくる。

86さんはものすごいカスタマイズの余地がある車なんですね。

素体がいいから、これをしたらあれをしたらという風に、いろいろ伸ばせます。

 

開発者の多田哲也さんも、自分自身でカスタマイズしていってほしいと公言し、そのためマイナーチェンジをしても、旧来のパーツが使えるようボルトの位置など変えずに残していらっしゃってます。

www.carsensor.net

(こういう気持ちとか大好きです。大体マイナーチェンジするとガラッと変えてしまう場合がほとんどで、以前のパーツを付けれるとかがほんとに少ないですから。)

 

各社から本当に色々なパーツが発売されていて、

・バリバリフルエアロ

・エンジンパワーアップ

・足回り、駆動系

・剛性部品

・マフラー

・その他アイディア部品

などなど、調べたらものすごい部品点数があります。

 

だから自分なりの86を作れる選択肢がいっぱいあるんですね。

自分だけの一台(個性)を作れる余地がいっぱいあるって結構大事だと思います。

 

こんな感じにしてるんだスゲー!とお互い褒めあえられますからね。

もはや大人版ミニ四駆の様相です。

 

選択肢が多すぎて迷うこともありますけどね(笑)

 

4 意外と燃費がいい

86さん意外と燃費いいですからね。

平地でもリッター11、高速で15とか行きます。

 

運転が楽しくて、この燃費なら、全然ありだと思います。

ついつい遠出をしても大丈夫、意外と燃費がいいから出ちゃいますね、外に(笑)

 

ここはおまけというか、よかった点、気づいた点ですね。

リッター3とか7とかいうスポーツカー関連でいえば、いいと思いますよええ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

86さんは意外と燃費がいいし、運転の面白さは保証します。

 

なによりこんなに休みのたびに車に乗ろうとは考えられませんでした。

 

何かの車を選ぼうと考えている人の何かの参考になれば幸いです(笑)

もしどこかで86同士お会いしたらよろしくです。

 

それではまた(笑)

月に2~3万浮くためにした節約方法

どうもこんにちは、ザックリです。

 

お金節約したいですよね。使えるお金を増やしたいですよね。

それは僕も同じです。

 

今日は僕が行っている、支出をできるだけ楽に減らした方法だけ書いていきます。

 

我慢もストレスもいらない方法からです。

以下に結論・・・↓

 

 

 

 

 

 

 

一番簡単なのは、「固定費」を減らすことです。

ジュース1本を節約、ご飯代も節約、パン耳を買って食費を抑えるetc・・・

 

もうあれです、ジョジョです、ディオの「ザ・ワールド」レベルです。

「無駄無駄無駄無駄、無駄ーーーッ!!!」

https://tse1.mm.bing.net/th?id=OIP.nWo8-4M_dohoWaY72ruyZAEsDR&w=225&h=160&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

(ここでパンチ受けまくりですね)

 

家計の節約のためには、まったくの無駄とは言いません。でも

「今日のパンを300円から100円にしよう」

「毎朝お気に入りのカプチーノを我慢しよう」

確かにお金は多少浮くかもしれませんが、絶対に私は嫌です。

 

日々のほんのささやかな幸せを我慢するとしたら、あなたは何のためにお金を稼いですんですか?となってしまいます。

 

そういったちょこちょこっと支出を減らすより、最も簡単で、なおかつストレスもなく、貯蓄ができる方法が、固定費を減らす方法です。

 

 

 

1 家賃を抑える。

一番簡単なのはこれです。

・一人暮らしを始める

・引越しをした

・単身赴任した

何かしら実家を出て、自分で賃貸を借り始めるときは、この家賃を抑えることを第一優先してください。

もちろん譲れない条件はあるかもしれません。また、お金よりも通勤時間などの「時間」を優先する考えもあります。

 

けれど、もし抑えるなら、一番初めの第一歩の家賃。これが効きます。

 

月5万の家賃に住むAさんと、月3万に住むBさんと、1年の差額はどれぐらいでしょう。

一か月の家賃の差は万。一年で24万です。

 

24万ってでかくないですか?

https://tse3.mm.bing.net/th?id=OIP.tpezXEqTpQQGy46s6EbdvQEsDH&w=256&h=168&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

 

中心地より離れる、高級ではなくなるなどあるかもしれませんが、一番効きます。

自分が家に住むとして、譲れない条件は何かを書きだしてみるのもいいかもしれません。それに見合った部屋を紹介してくれます。

 

2 保険を見直す

あなたは今保険に何社入っていますか?

医療保険に生命保険、終身保険がん保険、いくつ入っていますか?

 

それ、本当に必要ですか?

 

保険というのは

「もし何かを「支払え」と言われたときに、自分の貯金からは絶対まかなえない」

というときに入るものです。

 

簡単な例を挙げると自動車保険などですね。

https://tse3.mm.bing.net/th?id=OIP.pzIVdqspzpXP6JMobun39gDIC1&w=157&h=142&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

事故をして一千万円払えと言われたときに、ポンっと支払えるのは一部の大金持ちだけです。(自分も絶対無理です)

そういった多額のお金をいきなり支払えと言われたときの、転ばぬ先の杖としての保険です。

 

保険料は、絶対に保険会社が儲かるようにできています。会社よりもユーザーが得をするという場面は絶対にありません。

 

例えば20歳で健康、独身なのに、

・生命保険

終身保険

医療保険などなど、色々入って手厚い保証を付けて、月にいくら払っていますか?

 

僕は若いころ、勧められるまま入って月に1万円以上もどぶに捨てていました。

それも8年間です。

 

使ったのは一度骨折して5千円程度もらっただけ。

 

今となってはあほですが、月に1万円を8年間貯金に回せてたらいくらお金が増えていたでしょうか?

 

本当にその保険が必要かどうか考えて、支出のバランスを考えてみましょう。

貯金に回せて、ポンっと払えた方が、収支にとって健全です。

 

3 クレジットカード及び年会費や更新費を見直す

https://tse2.mm.bing.net/th?id=OIP.Q-eyggwANAFkbRMFWO7xWgEsDa&w=208&h=160&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

 

なにかで払っていませんか?

クレジットカードの年会費、更新費。

 

ちょこちょこっとしたサービスと引き換えに、いくらの年会費を払っていますか?

 

現在「お得だから」といって、何枚クレジットカードを持っていますか?

それぞれの年会費はいくらですか?

その特典は活用していますか?

ポイントは有効期限内に使えていますか?

ポイントを無駄にしないためという目的で、無駄に買い物していませんか?

 

年会費や更新費はそれに見合ったサービスか、そしてそれを自分は活用できているか、ポイントを貯めるために無駄な買い物をしていないか、何枚も持つことで買い物ごとのポイントが分散されて期限切れに追われていないか。

 

こういったことを見直してみると、支出が大幅に減ります。

 

年会費も固定費です。例えば年会費7000円かかっているとすれば、やめれば1年で7000円もらえると同義です。

 

もう一度その年会費がかかるものも含め、カードを見直してみましょう。

一年にポンっと7000円がもらえるとしたらあなたは何をしますか?

 

4 携帯代を見直す

最近はやりはこれです。

大手携帯会社は月1980円などとうたっていますが、「わが社の考えた最強のプラン」に加入しないと適用されないことがほとんどです。(新規で~とか、光契約で~など)

 

月に20ギガを使えるとして、そんなに使いますか?

使うし、それに納得しているから払うとしたら、もう何も言いません。

 

けれど、携帯代も家賃と同じく重大な支払いです。

 

毎月1万円で契約していたら、1年で12万です。

使い切ったかどうか関わらずです。

 

それを格安SIMなどに更新して、月に3千円に抑えたとしたら、7千円浮きます。

 

月に7千円もらえたら何をしますか?

 

毎朝出勤して楽しみの缶コーヒーを22日間買ったとしても、2200円です。

 

日々の楽しみを我慢して節約するより、なんぼか効果ありそうじゃないですか?

 

固定費を節約する効果は計り知れません。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

固定費を削減するのは「楽」で「効果がめちゃくちゃ大きい」です。

 

特に意識をしなくても、見直して1度仕組みを整えてしまえば、勝手にお金が増えます。

 

本来余計に払っていたものを、特に意識せずに自動で節約されるので、「毎月浮いたお金の4万をおこづかいとしてあげるね」と言われてるようなものです。

 

今日上げた4つは主なもの、代表的なものですが、それぞれ特に効果があるものをピックアップしてみました。

 

日々のカプチーノやおいしいご飯屋で飯を食べる機会が増える、我慢しない楽しい貯蓄が行われることを願っています。

世の中の人間が2種類に分かれてきている 「アドルフ・ヒトラーの予言より」

どうもこんにちは、ザックリです。

 

どうも世の中の人間が2種類に分かれてきていませんか?

人種とか、性別ではなく、あることです。

 

この方を知っていますか?

https://tse1.mm.bing.net/th?id=OIP.x4XnXNaDB0Yp6VC-wK1CiQEsEY&w=199&h=185&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

はい、超有名人、アドルフヒトラーですね。

ナチスホロコースト、ミサイル、ドイツの経済回復など、色々な意味で有名な人です。

 

知ってるかもしれませんが、この人ある種の予言?名言をたくさん残しているんですね。

例を挙げると

  • 「熱狂する大衆のみが操縦可能である。」
  • 少数の男性が大多数の女性と性交渉する時代が来る
  • 本当の卑怯者には、死よりも恐れるものがないのだ
  • 弱者に従って行くよりも、強者に引っ張って行ってもらいたい…大衆とはそのように怠惰で無責任な存在である

等ですね。

matome.naver.jp

 

 自分自身「あー引っ張ってもらいたい」とか、怠惰な気持ちがあったりするので当たってるなとか考えたりするんですけど、その中で気になっているワードがあったんですね。

 

「人間は将来2種類に分かれ、すべてを支配する神人と、受信人間に分かれる」ってやつです。

ヒトラーの予言(完全バージョン)

(これの2039年のところですね。)

これについて進んできているんではないかと思ったので書いてみます

 

 

 

1 発信と受信側に人が分かれてきている

大きく思ったのがこれです。以前からですが、携帯が出現し、各種SNSが台頭してきてから、加速していませんか?

一方が情報を提供する側に回り、後は受信する側に。

 

一方はニュースであったり、こんなことがあったよという情報であったり、自身の告知を行ったり、情報発信をしています。

もう一方は、それを受信するだけ、携帯をかまって「へぇーそうなんだ」とみるだけの人に。

 

電車に乗った時が一番わかりやすいですね。

みなスマホをつついている状態です。

 

誰かの発信した情報、提供したゲーム、用意されたSNS。

誰かが作った情報や、場に乗っかるだけの人、そしてそれを提供する人に分かれてきているなと思います。

 

2 発信者と受信者の分類について

僕は大きく分けて3種類いると思います。

1 完全に新規で作り、提供する人。

2 誰かが提供したサービス内で、情報を提供したり発信する人。

3 ただ受信するだけの人。

 

1について

これはわかりますね。ニュースサイトであったり、ツイッターフェイスブックであったり。

誰もが自由に発言できる、場自体のサービスです。

2ちゃんねるもそうですし、インスタグラムもそうです。

 

みんながわいわいできる

場を提供する人、これが今のところピラミッドの頂点、最強の位置だと思います。

 

2について

これは参加している人も多いんじゃないですかね。

ツイッターで絵を紹介したり、意見を広めたり、情報発信したり。

 

誰かのプラットフォームの場を借りていますが、受信だけじゃなくて、自らも発信する立場の人ですね。完全に受け身ではなく、自らも動く人たちの分類です。

次に解説する人たちより、少し脱出した人たちの分類ではないかと思います。

 

3について

おそらくこれが受信人間ではないかと思うのですが、読むだけ、見るだけの人です。

まとめサイトであったり、ツイッターを閲覧だけする人であったり、誰かの記事を読むだけの人です。

簡単に言えばアウトプットをしない人たち。

 

何かの情報を受けて、「へぇーそうなんだ」と思うだけの状態ですね。

 

僕自身も3に近いですが、2と3の間であっても雲泥の差があると個人的には思います

。情報発信ってわずかに度胸いりますもん。

 

僕が思うのはこの三種です。

 

3 僕が懸念することは

三種類の人間について分類しましたが、怖いのはここからです。

何も疑問に思わず、ネットの情報を鵜呑みにしてしまう層が現れていることです。

 

・とあるツイッターのデマを何も疑問に思わず拡散してしまう。

・「簡単に誰でも何万稼げます」という詐欺に引っかかる。

・出会い系で「会える」詐欺に引っかかって重課金してしまう。

などなど。

 

少し極端な例を上げましたが、その情報が本当かどうか検証もせず鵜呑みにしてしまう人が少なからずいるように思います。

 

「ソースは?」とか「どこ情報?」と聞く人たちは大丈夫ですが、

・「この人がいうから安心」

・「ここがいうから従おう」

とか、一歩止まって考えないところは、もうちょっと危険かなと思うんですよね。

 

それこそヒトラーのいう受信人間ではないだろうかと思うのです。

https://tse4.mm.bing.net/th?id=OIP.7X-wcM52L-opypz7U_PzzgD6D6&w=168&h=167&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

 

まとめ

デマが簡単に拡散してしまうことだったり、真実を言われても全然広まらなかったりするツイッターを見ていると、人はセンセーショナルな話題が好きで、「ただ受信、発信」する人が増えているのではないかと思うのです。

 

以前博之氏が言っていた

「うそをうそと見抜ける人が」というやつですね。

 

このまま何も考えずに受信する側と、真実も嘘も織り交ぜながら大衆を操る「神人」側と分かれないようになればいいなと思います。

 

もうすでになっているかもしれませんが・・・

 

現場からは以上です。

ブログを書くなら朝起きて2時間が最強

どーもこんにちわ。ザックリです。

 

いっつもブログって何時に更新してますか?

 

私は朝起きて2時間以内に書くようにしています。

 

なぜならその時間が脳にとって最強だから

 

 

  1.  脳に最強って?

  2. モーニングノートとかいろいろ試していたあの頃

  3. 実体験としてどうか

 

1 脳に最強って?

 以前見かけた記事なんですが、(タビラボだったかな?)

 スターバックスのCEOや、アップルなど、有名な企業のトップは早起きして、

・朝のスケジュールを作る

・運動して汗を流す

・一人の時間を確保し瞑想

などなど、何かしら朝の時間を使い、その日一日のコンディションを整える的なことが書いてあった記憶があります。

 

 まとめると

「朝は脳にとって最高にクリエイティブな時間だよー、何にも汚されていないきれいな状態のときに色々手を付けよー。早起きは三文の得だよー」

という内容ですね。

 

 その時の自分は「フーン」でした。

 だって朝早く起きるのめんどくさかったからです。

アメリカ海兵隊元指揮官が「朝四時起きが最強だ」なんて言ってるのを聞いても、

 「朝4時に起きてどないするねん。CEOがしてるとか何とか言っても仕事前はゆっくりしたいねん」と思ってました。

 

 俺のおバカ・・・←

 

 でも断言します。朝の時に色々した方が最強です。

  もっと早くしていたらよかったレベル。

 これから色々説明します。

 

 

 2 モーニングノートとかいろいろ試していたあの頃

 一年前ぐらいだったかな。そういった記事を見て何かしら試してみようと思ったのですね。

 

 ほら、俺、ミーハーだから(嘘です保守です)

 

 というのは置いといて、その頃は行き詰っていました。

 何か変えたいなーというのは本心であって、何か試そうと思っていたんです。

 このまま惰性で日々を過ごしたくない的な。

 

 そこで俺でもできやすいので、何かないかなーと探したのが、この記事です。

 

matome.naver.jp

 

ジュリア・キャメロンさんが書いた「ずっとやりたかったことをやりなさい」という著書の中で紹介されていた内容で、

「ただ毎朝起きたら、ノートに思ったまま3ページ書く」

という大変なお手軽さで、俺にもできそうと思って始めてみていました。

 

結果から言うと、

 「めっちゃ続けれました」

 

毎朝机に座って、ノートにダーッと書いて終わり。

 

めちゃ頭がすっきりします。

「もうなくても行けるな」と自分が辞めると思うまで、自然と書き続けれました。

やはり気持ちよかったんですね、書いてくのが。

 

 思えば朝キャンプして起きた時の目覚めのすがすがしさや、太陽の光を浴びながら冷たい空気を浴びた時の感覚は、脳がめっちゃすっきりしているのがわかりましたもん。

 

 

3 実体験としてどうか

 それの応用で、今毎朝起きて2時間以内に必ずブログを書く習慣が続いているのですが、あれです、これはあれですよ。

 

 「自分の脳内の洪水をインターネットのブログという場に垂れ流している」

という行為なんですよね。

 

 今までノートにしこしこと書いていた、脳内にてせき止めているような言いたいことを、ブワーっとインターネット上にインストールしているようなイメージです。

 

 「ンギモッヂイイー!!」

 

http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/61/2014/b/6/b6b30f2be25cdc10b1df1bf277547895d4dbf2a71413470320.jpg

ですこれは。気分は北島康介です。

 

 

 自分自身の感覚としては、朝起きて脳ってまどろんでるんですよね。

 昨日したこととか、色々考えていたこととか(人間一日に何万回も思考するらしい)、無意識で思っていたこととか、頭の脳みその中心にタールとしてどろどろドロリッチしているような感覚です。

 

 もうこびりついてるような感じです。

 

 それが全然掃除できていないのに、朝起きて携帯見たりラインしたり記事読んだりして、さらにどろどろドロリッチを追加注文しているような感覚を毎日続けていたら、

 「そらノイローゼになりますよね」

というのが、僕の感覚というか持論です。

 

 今僕はブログに脳にたまった物質を文章という形でデトックスしていますが、だいぶ改善された気がします。残留感は全くないとは言えず、まだ残っているような感覚はありますが、6、7割は排出されたような気がします。

 

 なにより続けられているのがその証拠ですね。

これ書いていて気持ちいいですもん。

 

 

まとめ

 モーニングノートであったり「ンギモッヂイイ」っていう習慣を紹介しましたが、

  してもしなくてもいいです

 

 もはやこれは個人的な感覚なんで、するかしないかはあなた次第です。

 

 でもね、これしたらめっちゃ気持ちいいですよ。ブログ更新にしてもモーニングノートにしても、朝起きたら携帯を見ずに、頭に残ってる残留物を

  「ドロブワーーッ」

と吐き出すの、ほんとに気持ちいいです。

 

 その証拠にめんどくさがりな自分が朝起きてブログ更新するのが苦じゃないですもん。こういったところから副収入とかにつながる活動を朝のルーチンに加えられたら最強じゃないですか?

 

 そんなことを思った一日です(まだ朝)

 

 ではよい一日を。

 

「ネスカフェバリスタ」を使用して3か月たったので、レビューを書いてみる

グッドモーニングです。ザックリです。

 

私事ですが、うちに

   ネスカフェ バリスタi

が来て3か月たったので、何の気なしにレビューを書いてみます。

 

 (これですね。売り上げになったらありがたいです←)

 

 

 

 この子がうちに来たのは5月終わりころ。

 今乗ってる86の岡山国際サーキットでの走行会に参加した時の景品です。

 

f:id:zattkuri:20170920080318j:plain

 (その時の様子。男7女3の割合でした)

 

 この時に、最後じゃんけん大会があり、車のパーツや日用品などが競われる中、あったんですねバリスタi」が。

 

 コーヒーメーカーを机の上に置いて優雅な朝の時間過ごしてぇなー!」

なんて思ってた私にとって天啓でした←

 

 

 大勢の人が立ち上がるじゃんけん大会において、欲しいと思ったバリスタが手に入って思いましたね。

「あ、これ引き寄せの法則だわ」って←

 

 

そんなこんなで我が家バリスタちゃんが来たので、数か月たった今のレビューを書いてみます。

 

 

  1.  買うほどではないと思っていた昔
  2. 手入れは大変?
  3. 豆は専用じゃないといけないんだろ?
  4. 味はまずいんだろ?
 
 
1 買うほどではないと思っていた昔
バリスタって高いじゃないですか。たかがコーヒーを落とすぐらいで← 
大体1万円前後ですかね、価格設定的に。
 
発売当初は気になっていたんですけど、レビューを読んでて
    ・大したことない
    ・豆が専用でめんどくさい
などのことが書いてあって、「なんだ大したことないじゃん」と思って購入を見送っていた時期があります。
 
でも今更ながら断言します。
   「あ、こいつあった方がいいわ」
って。
 
今までは、
    ケトルでお湯をわかす➔コーヒーをコップに入れる➔作る
だったのが、
    コップをセット➔ボタンポチー
で完成ですからね。
 
    2工程ですよ2工程
 
楽です。あった方がいいです。瞬時にお湯を沸かしてくれるし。
 
 
2 手入れは大変?
手に入れるまではそう思っていました。
毎回手を入れて、洗って、乾かして、絶対めんどくさいって。
 
でも実際そういうことはありませんでした。
杞憂です←
 
確かに毎日洗えと書かれているところがあります。
一時期毎回洗わなきゃと思っている部分もありましたが、汚れていなんですよね
 
洗おうと思っても、汚れないです。
なのでたまーに洗ってます。一週間とか二週間に一回ぐらい。
 
 今のところ壊れていませんし、おいしいコーヒーが出ることに変わりありません。でも自己責任でお願いします←
 
 
3 豆は専用じゃないといけないんだろ?
はいそうです(嘘)
確かに一回は専用の紙容器に入ったパックを買うべきです。
 
なぜか・・・
 
「豆がスムーズにタンクに入る漏斗を手に入れるため」
です。
 
 豆を貯蓄するタンクが上部にあり、ここにフリーズドライされたコーヒー豆を入れる必要があるのですね。
 
 その際に純正のパックがあれば、ものすごい楽に豆を補充できます。
 
「下の蓋を開けて入れる」なんて人もおられますが、めんどくさいです。入りづらいし、分解も手間だし、遅いし。
 
 純正のパックを使ったら捨てずにとっておいて、次回からそのパックを漏斗代わりに使った方が絶対に楽です。
 
UCC」だろうが「行列のできるコーヒー店」だろうが「117」だろうが、簡単に補充できます。
   
 そのために最初の一回だけ購入することをお勧めします。
 
 
4 味はまずいんだろ?
 はい、自分もそう思ってた時期がありました。「水っぽい」とか「大したことない」みたいな?
 
 はいはいわかります←
 
 でも実際使ってみた感想ですが
      「普通にうまい」
 です。
 
 僕はコーヒー鑑定士でもないし、バリスタでもマイスターでもありません。
 ふつーにコーヒーが好きで、コーヒーが健康にいいとか書いてあればやっぱりそうだろーと思うような人種です。
 
 そんな自分が飲んでみて思います。普通にうまいです。
 
 神の舌を持つ人たちだったら
   「そんなわけねーだろお前!」
とか
   「頭わいてんじゃねーのか」
とでも言われそうですが、ノーマルの舌を持つ自分にとって十分です。
  
 最近はおいしい牛乳を買ってきて、色々とカフェラテを作るのがマイブームです。     
 このコーヒーはクレマ(コーヒーの泡)もできるので、いいコーヒーを飲んでるな俺と思うのにうってつけです。(あくまで個人の感想です←)
 
 
 まとめ
 はい、ここまでステマでしたがいかがだったでしょうか。
 コーヒーライフがこれによって充実したという事実には変わりありません。
 
 他にももっといい、おいしいコーヒーメーカーがあるかもしれませんが、
   「朝起きて、ボタンをぽちっとおして、優雅にコーヒーを飲む」
という生活から離れられそうにありません。
 
 窓から差し込む陽の光を浴びながら、煙たつ濃厚なコーヒーを飲めばもはや
  「ダバダー♪ダーバ、ダバダー➚ダバダー➘」
の気分ですホンマに。
 
 いつの間にか違いの分かる大人になっちゃったんですね俺も←
 
  
 ここまで読んで大人になりたかったら試してみてください。
 たぶん損はしないと思います←
 
 コーヒーおいしいですよね。byザックリ