等身大ブログ

http://zakkuri03.hatenablog.com/

とある28の体験談と趣味思考

こんにちは。趣味、思考、雑談、つらつらと書いていきます。

世の中の人間が2種類に分かれてきている 「アドルフ・ヒトラーの予言より」

どうもこんにちは、ザックリです。

 

どうも世の中の人間が2種類に分かれてきていませんか?

人種とか、性別ではなく、あることです。

 

この方を知っていますか?

https://tse1.mm.bing.net/th?id=OIP.x4XnXNaDB0Yp6VC-wK1CiQEsEY&w=199&h=185&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

はい、超有名人、アドルフヒトラーですね。

ナチスホロコースト、ミサイル、ドイツの経済回復など、色々な意味で有名な人です。

 

知ってるかもしれませんが、この人ある種の予言?名言をたくさん残しているんですね。

例を挙げると

  • 「熱狂する大衆のみが操縦可能である。」
  • 少数の男性が大多数の女性と性交渉する時代が来る
  • 本当の卑怯者には、死よりも恐れるものがないのだ
  • 弱者に従って行くよりも、強者に引っ張って行ってもらいたい…大衆とはそのように怠惰で無責任な存在である

等ですね。

matome.naver.jp

 

 自分自身「あー引っ張ってもらいたい」とか、怠惰な気持ちがあったりするので当たってるなとか考えたりするんですけど、その中で気になっているワードがあったんですね。

 

「人間は将来2種類に分かれ、すべてを支配する神人と、受信人間に分かれる」ってやつです。

ヒトラーの予言(完全バージョン)

(これの2039年のところですね。)

これについて進んできているんではないかと思ったので書いてみます

 

 

 

1 発信と受信側に人が分かれてきている

大きく思ったのがこれです。以前からですが、携帯が出現し、各種SNSが台頭してきてから、加速していませんか?

一方が情報を提供する側に回り、後は受信する側に。

 

一方はニュースであったり、こんなことがあったよという情報であったり、自身の告知を行ったり、情報発信をしています。

もう一方は、それを受信するだけ、携帯をかまって「へぇーそうなんだ」とみるだけの人に。

 

電車に乗った時が一番わかりやすいですね。

みなスマホをつついている状態です。

 

誰かの発信した情報、提供したゲーム、用意されたSNS。

誰かが作った情報や、場に乗っかるだけの人、そしてそれを提供する人に分かれてきているなと思います。

 

2 発信者と受信者の分類について

僕は大きく分けて3種類いると思います。

1 完全に新規で作り、提供する人。

2 誰かが提供したサービス内で、情報を提供したり発信する人。

3 ただ受信するだけの人。

 

1について

これはわかりますね。ニュースサイトであったり、ツイッターフェイスブックであったり。

誰もが自由に発言できる、場自体のサービスです。

2ちゃんねるもそうですし、インスタグラムもそうです。

 

みんながわいわいできる

場を提供する人、これが今のところピラミッドの頂点、最強の位置だと思います。

 

2について

これは参加している人も多いんじゃないですかね。

ツイッターで絵を紹介したり、意見を広めたり、情報発信したり。

 

誰かのプラットフォームの場を借りていますが、受信だけじゃなくて、自らも発信する立場の人ですね。完全に受け身ではなく、自らも動く人たちの分類です。

次に解説する人たちより、少し脱出した人たちの分類ではないかと思います。

 

3について

おそらくこれが受信人間ではないかと思うのですが、読むだけ、見るだけの人です。

まとめサイトであったり、ツイッターを閲覧だけする人であったり、誰かの記事を読むだけの人です。

簡単に言えばアウトプットをしない人たち。

 

何かの情報を受けて、「へぇーそうなんだ」と思うだけの状態ですね。

 

僕自身も3に近いですが、2と3の間であっても雲泥の差があると個人的には思います

。情報発信ってわずかに度胸いりますもん。

 

僕が思うのはこの三種です。

 

3 僕が懸念することは

三種類の人間について分類しましたが、怖いのはここからです。

何も疑問に思わず、ネットの情報を鵜呑みにしてしまう層が現れていることです。

 

・とあるツイッターのデマを何も疑問に思わず拡散してしまう。

・「簡単に誰でも何万稼げます」という詐欺に引っかかる。

・出会い系で「会える」詐欺に引っかかって重課金してしまう。

などなど。

 

少し極端な例を上げましたが、その情報が本当かどうか検証もせず鵜呑みにしてしまう人が少なからずいるように思います。

 

「ソースは?」とか「どこ情報?」と聞く人たちは大丈夫ですが、

・「この人がいうから安心」

・「ここがいうから従おう」

とか、一歩止まって考えないところは、もうちょっと危険かなと思うんですよね。

 

それこそヒトラーのいう受信人間ではないだろうかと思うのです。

https://tse4.mm.bing.net/th?id=OIP.7X-wcM52L-opypz7U_PzzgD6D6&w=168&h=167&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

 

まとめ

デマが簡単に拡散してしまうことだったり、真実を言われても全然広まらなかったりするツイッターを見ていると、人はセンセーショナルな話題が好きで、「ただ受信、発信」する人が増えているのではないかと思うのです。

 

以前博之氏が言っていた

「うそをうそと見抜ける人が」というやつですね。

 

このまま何も考えずに受信する側と、真実も嘘も織り交ぜながら大衆を操る「神人」側と分かれないようになればいいなと思います。

 

もうすでになっているかもしれませんが・・・

 

現場からは以上です。