ザックリ書くブログ

見たこと、聞いたこと、感じたこと、感じたままにザックリ書いてく俺のブログ

落ち込んだりしたっていいんですよ

 明けましておめでとうございます。

 ザックリです。

 

 昼から初詣に行ったり、買い物したり、買い食いしたり、おみくじひいたり、いい元旦を過ごしました。

 

 元旦の、あの空気のすがすがしさはなんなんでしょうね?(笑)

 澄んだ空気というか、清浄なものというか(笑)

 

 車の交通量が少なかったり、季節的なものだったり、お店が閉まっていて静かだったり、神社以外は人通りが少ないとか、色々要因はあったりするとは思うんですが、元旦の空気は好きです。

 

 今年のおみくじは末吉と出たので納得いかず、ふらりと立ち寄った二か所目でまたおみくじを引き、また末吉をたたき出すというミラクルに見舞われました。

 

 なんなの?今年は末吉年なの?色欲に溺れるなとあったけど、そんな機会に恵まれるの?

 ほかの占いでは今年は絶好調とあるのに~(;´Д`)

 

 とまあそんなこんなで本題です。

 

 

 気分が落ち込むことはありませんか?

 

 なんだかんだでなんとなくでもいいし、悲しいことがあったでもいいし、気温が低いからでもいいし、朝布団から出たくないからでもいいし。

 

 なんとなくローテンション。

 なんとなくやる気が出ない。

 

 そんなことはありませんか?

 

 そんな気分ね、感じていいです。

 

 そりゃできれば毎日気分よくいたいし、調子に乗っていたいし、へらへら楽しい気分でいたいですええ。

 

 でもね、なんとなく気分が乗らないとか、ローテンションな時もあります。

 

 そこで、「いや!ハイテンションでいないと」とか「俺らしくないから!」とか、「こんな気分になっちゃだめだ」って思うときないですか?

 

 そんなに自分を追い込まなくていいです。

 

 そんな気分になっている現状を自分自身が認めず、「おら!もっとハイテンションになれ!」「明るく楽しく過ごせ!」って鞭打つのはやめましょうよ。

 

 人間機械じゃないんだから、「明るく元気な俺が本当の自分であって、今のローテンションな自分は認めない!」ってのはやめましょうよ。

 

 それはどっちも自分なんですよ。

 安定した気分と機嫌と、精神があるのが完璧な大人なあるべき姿!と思っていませんかね?

 

 それは理想ですけど、そう見える人にだって感情の起伏はあるし、思ったりすることはありますよ。

 

 夏目漱石でさえ「陽気と見える人々も、どこか悲しい音がする」みたいなことを書いているんですから。

 

 

 ローテンションな時があっていいんです。もの悲しい時があっていいんです。なぜならここは自分にとって「いいことばかり起き続ける楽園」じゃないんですから。

 

 そんな気分になっている自分を許してあげましょ。

 「あ、今日なんとなく気分が乗らない日だな」って。

 

 自分に後ろから鞭を打ち続けてばかりいたら、疲れちゃいますよ。

 

 そういう日もある自分をいたわってあげましょ。

 そういう時もあるんですよ。

 

 おいしいもんを食べて、いい音楽を聴いて、温かい風呂に入って、温かい飲み物を飲んで、寝ましょ。

 

 もやもやするときも、ローテンションな時もあるんですよ。

 それも自分。

 

 ゆっくりしましょ。

 これを読まれた皆さんも、今年は(というか今年も(笑))いい年になりますように♪