読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザックリ書くブログ

見たこと、聞いたこと、感じたこと、感じたままにザックリ書いてく俺のブログ

相手のことを考えない待ち合わせは×

 俺は遅れるなどの連絡なしに、待たされるのが嫌いである。

 大嫌いである。

 

 今日は待ち合わせについての話があったので書く。

 

 

 今日食事に行く約束をしていた女の子がいた。

 仮にA子ちゃんとしよう(22歳)

 

 A子ちゃんとは、1回ご飯を食べに行った中で、今日の食事か2回目となるはずであった。

 

 食事のきっかけは向こうから

 

 「ザックリさんと食べに行きたい!」

とのお誘いが昨日あり、おおそれならと快諾し、何を食べに行きたいか聞く。

 

お寿司が食べたいです!とくるので、行ってみたい店があったので、目星をつけて、時間決め。

 

「大体20時ごろに仕事が終わりそう、遅くなりそうなら事前に連絡します」

 

と来たので、待ってましたよその時間から。

 

 

でも待てど暮らせど連絡来ず。

ラインで「まだかかりそう?」と送るもなしのつぶて

 

さすがに30分も待ったら帰りますよええ。

 

 

そしたらその後、「ごめんまだかかる」とやっとこさの返信。

 

 

もうイライラマックスですよ。

 

 

そういうときに思うのだけど、なぜ自分から約束した時間になって、間に合わないと分かった時点で連絡をしないのだろうか?

 

仕事がある、時間が長引く、それは仕方ない。

問題はそこではない。

 

 なぜ自分が約束した時間に、もう間に合わないと判明した時点で「ごめん今日は21時過ぎになりそう」とか「もう今日は遅くなりそうだから、ごめんけどまたにして」

の一言が事前に連絡できないかである。

 

 自分だったら、携帯が故障した、破損した、紛失したなどの、本当にどうしようもない理由を除き、絶対に遅れることなど事前連絡する。

 

なぜなら「相手の時間を尊重したいから」だ。

 

相手は自分が指定した時間に、たいていの人は待っていてくれるのである。

 

20時にといったら20時に、21時にと約束したなら21時に。

 

待たない人はもしかしたらいるかもしれないけど、たいていの人はその約束の場所で待機してくれているのである。

 

俺は約束した時間に来て、待っていてくれる相手に対しては、遅れるなら遅れる、

ついたならつく、早く行けそうなら早くいく、そういうことが判明したならすぐ連絡したい人間である。

 

待っている間、非常にやきもきしたし、「仕事が忙しかったから~」と言い訳かますAちゃんにはガックリきたし、今後もこちらから願い下げである。

 

トイレに抜けるなどして、1分未満で打てる文章を打てない忙しさってなんなんだろうか

 

自分の時間を大事にするように、自分のために時間を割いてくれる人に対しても、誠実でありたいと思うトピックであった。

 

以上